祖母の思い出

自分の祖母は昭和の初期に生まれ、80歳を過ぎた祖母がいました。
始めは叔母家族と故人の祖父と住んでいた家で、70歳頃から私と祖母の娘にあたる私の親と共に別の市に移り住み3世代で住んでいました。
私たちの家に住んで数年たったある日、突然祖母が祖父と暮らしていた町へ単身で引越すと言い出したのです。
家の契約等は既に済ませてあり、その当時はまだしっかりしていた事もあり私たち家族はその引っ越しを止めることはできませんでした。
引っ越しをしてからしばらくたった後、家の中で転倒をし足を悪くしてからあまり外出をしなくなり、祖母に認知症の症状が現れ出したのです。
少し物忘れが出てきたかなと思っていましたが、しばらくしてから金銭管理ができず、お金が足りない!気付いたらない!という訴えが始まりました。
それから徐々にご飯を作れなくなり、栄養状態の悪化、そして歩くことが困難になり一人で入浴をほとんど入れない日々が続きました。
そんな祖母の生活が一変したのは、私たち家族の市の住む特別養護老人ホームに入所してからの事でした。
物忘れが酷くなり、5分前に私に電話をかけてきた事を忘れてしまう祖母でしたが、施設でのリハビリの結果、施設内を杖歩行にて自由に歩けるまで回復することができました。
「帰りたい、けど帰っても大変やなあ。」と残念そうな表情で私に訴える祖母を見て、家で一緒に生活をできればなと思いながらも入浴介助や排泄介助を自宅でやっていける自信もなく、母が週1回、私が月1回ほど行く日々が続きました。
そんな寂しい表情を見せる祖母でしたが、施設で花見や買い物の外出の際にはとてもいい笑顔を見せてくれていました。
うさぎの耳がついた飾りを被って、満面の笑みを見せる祖母をみてかなり驚きましたがとてもいい素敵な笑顔で、本人にとって楽しく生活ができていると思い安心できる日々を過ごしてくれました。
その後祖母は入所中食事を食べれなくなり、大腸がんから腸閉塞を起こし手術に挑んだものの、リハビリ等をして施設に戻ることを目指している最中に体調が急変し戻らぬ人となりました。
施設の方々が入院中やその後のお葬式に顔を出してくださるなど、私自身祖母の介護に対してあまり取り組めたことはありませんでしたが、たくさんの人達に関わって頂き、全てが希望通りとはいかないものの幸せな晩年をすごせたのではないかと思います。
社会全体として、自宅での介護が困難になってきている中、施設の方々には感謝の気持ちでいっぱいになった私の祖母の思い出でした。